最終更新日:2014/10/7

ファッション関係の仕事に就くなら

昔は自宅で洋服を作ったり、編み物を行うのは当たり前だったようで、子供の頃は祖母の手編みのベストや手縫いの浴衣を着せてもらった記憶があります。
そして、叔母も手先が器用で、子供の頃から編み物や縫い物が好きだったということもあり、高校を進学せずに、洋裁学校を選んだのだそうです。
当時はミシンの仕事なども多くあったそうで、学校で基本からしっかり学んでいたこともあり、仕事にとても役立ち、結婚後も自宅に業務用のミシンを置いて、内職でTシャツやトレーナーなどを縫っていました。
そして、ジャージの素材は伸びるので、縫うのも難しかったそうです。
私も一時期、ミシンや手編みに凝っていた頃があったのですが、やはり自己流なので、きれいに作るのはなかなか大変でした。
趣味で行うなら自己流でも良いと思いますが、プロとして通用させるなら、やはり服飾専門学校で基本からしっかり学ぶことが大切だと思います。
ファッションの世界も日々進化していますし、縫製の技術が優れていることはもちろん、新しいデザインを作ったり、センスを磨いていくためにはやはり日々の勉強は大切ですね。

服飾の専門学校で資格が習得出来ます

服飾業界で活躍するなら専門学校での受講が最適です。ファッション業界は、デザイナーやスタイリストなど、さまざまな分野でアグレッシブに働ける華やかな職場です。正式な資格を習得すると、国内だけでなく海外での仕事にも役立つため、将来設計に効果的です。服飾の専門学校では、就職内定率が格段に高いため、卒業後すぐに学んだ知識を活かせます。就学中も業界で実際にアルバイトなどの仕事をしながら実践的な技術が学べるため、即戦力をアピール出来ます。独立開業の道を選ぶ学生が増えているため、自分の希望を満たして選択肢が増やせます。優秀な講師による指導と、学校主催でのイベントを積極的におこなっているため、モチベーションを高めて知識を吸収することが出来ます。学生寮や学生マンションなどサポートが充実しており、一定の条件を満たすことで一部学費免除など支援体制を強化しています。AO入試の導入も進んでいるため、入学時期や試験日程を調査して申し込むと計画に便利です。服飾の専門学校では、資料請求手続きを無料で受け付けているため、入学費用や授業内容と教育方針、習得可能な資格など詳しく知ることが可能です。入学希望者向けの見学説明会を開催しているため、保護者同伴で実際の校舎と学内の設備、授業風景を見学出来ます。専門スタッフが質問に丁寧に対応する内容で、学費相談や通学に便利な学生寮とマンションの入居説明と、物件の見学を申し込めます。

pickup

ベリーダンス衣装
http://www.rakkas-japan.com/
福岡 ホームページ制作
http://tony-base.com/
プラチナ買取 横浜
http://platinumkaitori.net/shop/yokohama.html
カーテン スタイル
http://www.c-deco.jp/

最終更新日:2016/8/19